自動車保険知って得するブログ

記事一覧

インターネットならさらにお得!今すぐ、お見積もり

車の補償『車両保険』

自動車保険(任意)の3つの大きな補償の1つ「車の補償“車両保険”」について今回みていきましょう。

この補償は自分の車に対する修理費用などを補償する保険です。
対人賠償保険など人の生命に対する補償と違い加入を迷う方も多いのではないでしょうか。
所有する車の種類や状況などによって加入の必要性が分かれてきます。
車両保険の補償内容や加入のメリット・デメリットを確認していきましょう。

【車両保険の種類】

◆一般型・・・・・補償範囲を広くカバーしその分保険料が高いもの
◆エコノミー型・・補償内容を絞り保険料を抑えたもの
車両保険は大きくわけて2つのタイプがあります。

【カバーされる補償例】

・事故で契約車両が壊れた
・契約車両が盗まれた
・飛び石で窓ガラスが割れた
・駐車中に落書き・イタズラをされた
・当て逃げをされた(一般型)
・電柱やガードレールに衝突した(一般型) など
一般型では単独事故など相手がいない・分からない事故の損害も補償されます。

【車両保険の必要性】

◆新車や高級車を購入した時
高級車などは修理費用が高額になることが多いです。
車両保険の保険金額は契約時の時価相当額で決められます。
車が盗まれたり予測できない損害がおこった時にも補償によって車を買い替える事もできますので加入のメリットは大きいと言えるでしょう。
◆ローン残高が残っている場合
事故が起きて車が廃車になったとき、車のローン残高を支払いながら新しい車を購入しなくてはなりません。
多額のローン残高が残っている場合は加入したほうがよいでしょう。
◆日常的に車を使う場合
仕事などで車を使う、日常生活に車が必要不可欠の場合などは車両保険加入の必要性は高くなります。

高い保険料に加入を悩む方も多い車両保険ですが、補償内容や車の状況によっては非常に重要な備えになります。
車両保険の有無、補償内容の選び方で保険料は大きく変わってきます。
ご自身の車の状況をよく考え必要であれば車両保険加入を検討してみましょう。
また保険料の確認や節約方法など保険会社に問合せをし情報を集めてみましょう。

自分・搭乗者への補償

事故が起きたときに自分と搭乗者を守ってくれる保険は任意保険(自動車保険)です。
今回は自動車保険の「自分・搭乗者への補償」を詳しくみていきましょう。

【人身傷害補償保険】

この補償は自分や搭乗者が死傷した場合に治療費や休業補償など実際の損害額対して過失割合に関係なく保険金が支払われます。
過失割合などの示談交渉は時間がかかる事が多いのですが人身傷害保険補償は相手方との示談交渉を待たずに支払われるのが特徴です。
また「車内+社外補償型」で自動車以外の事故も補償されます。

【搭乗者傷害保険】

自分や搭乗者が死傷した場合に保険金が支払われることは“人身傷害補償保険”と一緒ですが支払われる金額とタイミングが大きな違いのひとつとなります。
人身傷害補償保険が“実際の損害額を実費払い”されるのに対し、搭乗者損害保険は“決められた金額の定額払い”になります。
支払いが速やかに行われるために一時金の扱いで費用にあてることができる事がメリットです。

【自損事故保険】

単独事故などの自損事故で死傷した場合などに補償される保険になります。
しかし人身損害補償保険や搭乗者損害保険と補償の範囲が被っていることが多いため加入する場合は補償範囲が重複しないように注意しましょう。

【無保険車傷害保険】

死亡、後遺障害が生じた場合で相手側が無保険や補償額が不足した場合でも補償される保険です。

自損事故保険、無保険車傷害保険は一般的に自動付帯となることが多く保険金額も変更することができません。
保険会社によって補償内容や保険料が違うことがありますので、ご自身に合った商品を調べ検討してみましょう。

相手側への補償

自動車保険は大きく「相手側への補償」「自分・搭乗者への補償」「車の補償」と3つの補償に分かれているとお話してきました。
今回は自動車保険の中でも最も重要な補償ともいえる「相手側への補償」の内容をしっかり確認していきましょう

【対人賠償保険】

他人を死傷させてしまった場合の補償です。
歩行者や相手の車に乗車中の人がケガや死亡した場合に治療費、慰謝料を補償します。
この補償は他人を死傷させてしまった場合の補償となるので、家族の死傷に対して保険金は支払われません。

【対物賠償保険】

他人の車や物を壊してしまった場合の補償です。
相手側の車やガードレールを壊してしまった場合に補償されます。
この補償は他人の車や物が補償の対象となるので、自宅の車庫を壊してしまった場合などは補償されません。

◆示談交渉サービス
交通事故の補償が問題となったときは加害者と被害者の話し合いによる示談になります。
現在ほとんどの保険会社がお客様にかわって相手側(被害者)との示談に向けた交渉を行う「示談交渉サービス」がついていますので安心ですね。

◆保険金額は“無制限”◆
どれだけ注意していても交通事故で加害者になってしまう可能性があります。
相手を死亡させたり重度の後遺症を負わせてしまった場合は損害賠償額が1億円を超える事もあります。
人身事故でなくても相手側の店舗やトレーラーなどを破損させてしまった場合も高額の損害賠償額になることがありますので、対人賠償保険、対物賠償保険、ともに保険金額を「無制限」に設定しておきましょう。

自動車保険(任意保険)の種類

自動車保険は大きく「自賠責保険(強制保険)」「自動車保険(任意保険)」の2つに分かれることをお話してきました。
自賠責保険(強制保険)は法律で加入が義務付けられている最低限の補償のための保険です。
自動車保険(任意保険)は自賠責保険で補いきれない損害をカバーしてくれます。
今回は自動車保険(任意保険)についてみていきましょう。

【自動車保険(任意保険)の種類】
自動車保険は「相手側への補償」「自分・搭乗者への補償」「車の補償」と大きく3つの補償に分かれています。
これら3つの補償はさらに7つの分類に分かれ、自動車保険の種類は基本的に7種類となります。

自動車保険は任意保険となるので加入は義務付けられていません。
ですがひとたび事故が起きると高額な損害額が発生する可能性があります。
自賠責保険だけでは補償が不十分な場合や、自分に過失がない場合でも相手側が保険未加入で運転しているケースもありますので、自動車保険の補償内容をしっかり確認し自分に合った自動車保険を選びましょう。
保険会社によって補償内容が違う場合がありますので自動車保険加入済のかたも補償を再確認し検討し直してみましょう。

自賠責保険と自動車保険(任意)の違い

“自動車保険”と一言で言っても2つの種類に大きく分かれています。
「自賠責保険(強制保険)」「自動車保険(任意保険)」
この2つの保険の違いをご存知でしょうか。
今回は基本的なこの2つの保険の違いをみていきましょう。

【自賠責保険(強制保険)
自賠責保険はすべての自動車に加入が義務づけられています。
いわゆる「強制保険」です。
車の購入時や車検時に必ず加入や継続が必要となり、加入していない車は車検が通らず公道上を走る事ができません。

‹自賠責保険の補償範囲›
◆ケガ・・・・120万円まで
◆死亡・・・・3,000万円まで
◆後遺障害・・4,000万円まで
自賠責保険は相手を死傷させた場合の最低限の補償です。
補償範囲は相手側の身体の損害に限ります。
ですので相手側の車や財物、自身の怪我や車の損傷は補償されません。

【自動車保険(任意保険)】
自動車保険(任意保険)は自賠責保険のように加入の義務はありません。
加入していなくても公道上を運転することができます。
ですが自賠責保険の加入だけでは自動車事故のリスクを十分にカバーすることができません。
任意保険は自身のケガや相手側の車の補償など、自賠責保険だけでは補いきれない損害を幅広くカバーします。
車を運転する以上は誰にも事故に遭遇する可能性があります。
万が一の場合に備えてぜひ自動車保険に加入しましょう。